• 頌栄教会

「罪の赦しを信ず」(使徒信条22)

 使徒信条において、私たちは「罪の赦しを信ず」という言葉を口にします。もちろん「神が罪を赦してくださることを信ずる」という意味です。ここで語られているのは神の御前における罪の事実についてです。他の人の目に明らかであるか隠れているかは問題ではありません。また自分がどう感じるかという「罪責感」の問題でもありません。罪の事実は人の目に触れなくても存在します。人の記憶から消えても、自分が忘れて罪責感が消えても、事実は残ります。私たちが死んでも罪は残ります。その意味で聖書が罪を「借金」に喩えているのは正しいと言えます。神が赦してくださるのでなければ残るのです。それゆえ「罪の赦しを信ず」という言葉を口にできるかどうかは私たちの救いにおいて決定的な意味を持っていると言えます。

 「罪の赦しを信ず」と語り得る根拠は既に同じ使徒信条の中で言い表してきたイエス・キリストの出来事です。その中心は十字架です。キリストは十字架にかかり、私たちの罪を償う供え物となってくださいました(ローマ3:25)。神はただこのキリストのゆえに、私たちの罪を赦してくださるのです。キリストの十字架が語られる度に、そして聖餐においてキリストの体と血が分けられる度に、私たちは罪の赦しが決して安価な恵みではないことを示されます。逆に言えば、十字架の言葉からも聖餐からも遠ざかり、十字架の上で苦しまれた御方に目を向けることもなくなるならば、「罪の赦し」ではなく「罪の許し(許可)」として受け止めてしまうようになるのです。私たちは「罪の赦しを信ず」という言葉を、キリストの御苦しみから決して切り離してはならないのです。(清弘剛生)

わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。 コロサイ1:14

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の