• 頌栄教会

「聖徒の集まり」(使徒信条21)

最終更新: 2018年12月17日

  先々週のコラムにおいて、使徒信条の中の「聖徒の交わり」は「聖なるものの交わり」とも訳せることに触れました。しかし、もちろんこれを「聖徒の交わり」と訳すことも間違いではありません。「聖徒」とは言い換えれば「聖人」です。さて、いったいどこに「聖人」がいるのでしょう。どこに「聖徒の交わり」があるのでしょう。「聖徒の交わり…を信ず」と言い表すことに、いったい何の意味があるのでしょう。

 しかし、もし誰の目にも明らかなことであるならば、何も「信じる」必要はないわけです。「信じる」のは、既に与えられているけれども、まだ目には見えないことがあるからでしょう。いまだ現れていない本質がそこにあるからでしょう。そもそも「聖徒」という言葉で言い表されているのは、少々清くなった人間などではありません。それは完全に神のものとされた人間です。聖徒の交わりとは、完全に神のものとされた交わりです。それはこの世に存在するのでしょうか。いいえ、それはただ神のみによって実現することなのです。そして、事は既にキリストにおいて始められているのです。神はまず私たち罪人をまるごと受け容れて、御自分のものとしてくださいました。教会は神のものとされているのです。それゆえにキリスト者は、紀元一世紀のあの初めの頃から、互いに「聖徒」と呼び合うことをためらいませんでした。やがて、神のものとされていることがいかなることかを、完全に現される時が来るでしょう。私たちは、この地上においてその前味を味わいつつ、救いが完成されるその時を待ち望みながら、「聖徒の交わりを信ず」と唱えるのです。                (清弘剛生)

キリスト・イエスによって聖なる者とされた人々、召されて聖なる者とされた人々へ。 1コリント1:26

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

「悪魔に打ち勝つ生活(2)」(信仰生活入門26)

3世紀初頭に書かれた「ヒッポリトスの使徒伝承」という文書によると、古代 の洗礼式においては、志願者が司祭の右に立ってこう宣言することになっていた ようです。「サタン、わたしはおまえと、おまえの一切の虚栄と、おまえの一切 のわざを捨てる」。つまり洗礼は新しい命に生きることを意味するのですが、それはまたサタンに反旗をひるがえして戦う者として生きることをも意味したの です。それゆえに、洗礼式は「入隊式」

「悪魔に打ち勝つ生活(1)」(信仰生活入門25)

今回のテーマは「試練」と「誘惑」に関するものです。「試練」と「誘惑」の 問題について語るときに、どうしても避けて通ることができないのは「悪魔」に ついて語ることです。 さて、この「悪魔」についての二つの誤った態度があります。一つは過度に不 健全な関心を向けることです。今日、「悪魔」という検索ワードで検索するなら ば、約九千万件のヒットがあります。それだけ様々な関心から「悪魔」について 語られている

「神に献げる生活(4)」(信仰生活入門24)

私たちは自分で自分自身を造ったのでも、自分で自分自身を生かしているので もありません。また、自分で自分を救ったのでも、自分で永遠の命を獲得したの でもありません。すべては恵みによって与えられているのです。私たちは自分が 造ったのではない世界に取り囲まれ、自分が造ったのではないものによって支え られ、それらを通して生かされてきたのです。また自分の力によってではなく、 ただキリストが全てを捧げてくださ