• 頌栄教会

「聖徒の集まり」(使徒信条21)

最終更新: 2018年12月17日

  先々週のコラムにおいて、使徒信条の中の「聖徒の交わり」は「聖なるものの交わり」とも訳せることに触れました。しかし、もちろんこれを「聖徒の交わり」と訳すことも間違いではありません。「聖徒」とは言い換えれば「聖人」です。さて、いったいどこに「聖人」がいるのでしょう。どこに「聖徒の交わり」があるのでしょう。「聖徒の交わり…を信ず」と言い表すことに、いったい何の意味があるのでしょう。

 しかし、もし誰の目にも明らかなことであるならば、何も「信じる」必要はないわけです。「信じる」のは、既に与えられているけれども、まだ目には見えないことがあるからでしょう。いまだ現れていない本質がそこにあるからでしょう。そもそも「聖徒」という言葉で言い表されているのは、少々清くなった人間などではありません。それは完全に神のものとされた人間です。聖徒の交わりとは、完全に神のものとされた交わりです。それはこの世に存在するのでしょうか。いいえ、それはただ神のみによって実現することなのです。そして、事は既にキリストにおいて始められているのです。神はまず私たち罪人をまるごと受け容れて、御自分のものとしてくださいました。教会は神のものとされているのです。それゆえにキリスト者は、紀元一世紀のあの初めの頃から、互いに「聖徒」と呼び合うことをためらいませんでした。やがて、神のものとされていることがいかなることかを、完全に現される時が来るでしょう。私たちは、この地上においてその前味を味わいつつ、救いが完成されるその時を待ち望みながら、「聖徒の交わりを信ず」と唱えるのです。                (清弘剛生)

キリスト・イエスによって聖なる者とされた人々、召されて聖なる者とされた人々へ。 1コリント1:26

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の