• 頌栄教会

「苦しみを受け」(使徒信条8)

最終更新: 2018年8月9日

「苦しみを受け」(使徒信条8)

 使徒信条では、「おとめマリアより生まれ」というキリストの誕生についての言葉から一気に「ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け」という最後の受難についての言葉に移ります。この御方は苦しみを受けるために生まれたことが、このようにして言い表されているのです。

 キリストの受難ということで思い起こされるのは下記のペトロの手紙の言葉です。この「耐え忍ぶ」という言葉は、単に「我慢する」という意味ではありません。むしろ積極的に留まることを意味します。善を行って受ける苦しみは不当な苦しみです。その不当な苦しみにあえて積極的に留まるとは、不当な苦しみを与える者を愛し受け入れることに他なりません。すなわち、悪に対して悪をもって返すのではなく、善をもって報いることを意味するのです。それは一人の御方に目を注ぐことによって可能となります。足跡を残しつつ私たちの前を進みゆかれるキリストです。

 キリストが苦しみを受けられたのは、私たちに不当な苦しみを負わせた誰かのためにではなく、「あなたがたのために」であるとペトロは語ります。イエス様の受けた苦しみは私たちの罪のためでした。それは言い換えるならば、イエス様を不当に苦しめたのは他ならぬ私たちだった、ということです。それでもなお、主は限りない愛をもって私たちを愛してくださいました。そのことを思い起こす時、私たちの前に続く足跡の意味もまた見えてきます。その足跡は、キリストの後に従うようにと、今も私たちを招いているのです。      (清弘剛生)

しかし、善を行って苦しみを受け、それを耐え忍ぶなら、これこそ神の御心に適うことです。あなたがたの召されたのはこのためです。というのは、キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。ペトロ2:21。


#ペトロ

#使徒信条

#キリスト


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の