• 頌栄教会

週の初めの日

 今日は「週の初めの日」すなわち日曜日です。教会は日曜日に礼拝のために集まります。それは特別な意味を持った日だからです。ユダヤ人の安息日は「週の七日目」、すなわち土曜日です。正確には金曜日の日没から土曜日の日没までです。もともとユダヤ人であったキリストの弟子たちがユダヤ教の会堂に集まっていたのは「週の七日目」の安息日だったのです。しかし、やがてキリスト者は「週の初めの日」、安息日が明けた翌日、すなわち日曜日に集まるようになりました。もちろん休日ではありません。それゆえに夜遅くもしくは早朝に集まるようになりました。そうまでして集まったのは、今日の聖書箇所が伝えるように、「週の初めの日」にイエス・キリストが復活したからです。それゆえに教会は二千年後の今日に至るまで日曜日に集まることをやめませんでした。そして、これからも続けていくことでしょう。

 このように日曜日に共に集まり礼拝すること自体が、キリストの復活を信じる私たちの信仰の表現であるとも言えます。日曜日の礼拝が表しているように、私たちが信じているのは過去の人イエスとその教えなのではありません。復活して今も生きておられ、私たちを救うことのできる救い主です。その御方が死を打ち破ってよみがえってくださったゆえに、私たちはもはや死を恐れる必要はありません。そのことを信じ告白して共に主をたたえます。そのような日曜日の中でも今日は特別な日曜日。主の復活を祝うイースター(復活祭)です。毎週日曜日に集まる私たちがその信仰の原点に立ち戻る日です。       (清弘剛生)

週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。 ヨハネ20:1

その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。 ヨハネ20:19

76回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の