• 頌栄教会

「神に献げる生活(1)」(信仰生活入門21)

 初めて礼拝に出席した時、礼拝の最後に献金袋が回ってきたことに違和感を覚 えた――そんな言葉を聞いたことがあります。分からなくもありません。多くの 人は漠然と《カネは汚いもの》という意識を持っています。ですから聖なる礼拝 の中にお金の音が響くことは相応しくないと感じるのでしょう。しかし、聖書の 世界において《献げる》という行為は、もともと礼拝における不可欠な要素だっ たのです。例えば、旧約聖書の中に定められている、イスラエルの巡礼祭の規定 を見てもわかります。「男子はすべて、年に三度、...あなたの神、主の御前、主 の選ばれる場所に出ねばならない。ただし、何も持たずに主の御前に出てはなら ない。あなたの神、主より受けた祝福に応じて、それぞれ、献げ物を携えなさい」 (申命記16:16-17)。  新約聖書においては、私たちが携えていくべき「献げ物」とは「自分の体」で あると教えられています。そして、「自分の体を献げる」ということは抽象的な ことではありません。私たちの体がかかわっている生活を具体的に神に献げてい くことを意味します。それが信仰生活なのです。それゆえに私たちは目に見える 形で私たち自身の生活に深く関わっている「金銭」をも献金として献げます。し かし、それはあくまでも「しるし」に過ぎません。献金を献げる時に、本当は自 分自身を献げているのだという意識をもって献げることが重要なのです。それこそが、私たちのなすべき礼拝だからです。(清弘剛生)


こういうわけで、兄弟たち、神の憐みによってあなががたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。ローマ12:1


祈りの課題

1. 礼拝堂に集まることのできないご高齢の方々、病気の方々のために。

2. 各地で拡大している豪雨の被害に苦しんでいる方々のために。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の