• 頌栄教会

「死にて葬られ」(使徒信条11)

「死にて葬られ」(使徒信条11)

イエス様は十字架にかけられて死なれました。物言わぬ死体となって墓に葬られました。力なくだらりと手を垂らした屍が十字架から取り下ろされる場面はしばしば絵画に描かれてきました。そのような絵を目にする度に、(ああ、これが人間であるということであり、人間として死ぬということなのだ)と思わされます。使徒信条において「聖霊によりて宿り」から「十字架につけられ」までは、あくまでもキリストに固有のことでした。私たちは聖霊によって母の胎に宿っていませんし、罪の贖いとして十字架にかけられてもいません。しかし、「死にて葬られ」においてキリストと私たちは一つになります。十字架から取り下ろされるか、ベッドから取り下ろされるかは、大した違いではありません。キリストについて「死にて葬られ」と語られている信仰告白の言葉は、そのまま私たち自身もまた「死にて葬られ」るべき人間であるという事実を突きつける言葉ともなります。人が死ぬということ、しかも罪ある人間として死ぬということは、いかなる仕方においても美化することができない厳しい現実です。そして、私たちはその厳しい現実を突きつけられることになるのです。

 しかし、「死にて葬られ」という言葉は、ただ私たちを現実と向き合わせるだけではありません。それは、他ならぬ神の御子がそのような死の現実を共有してくださったことを伝える恵みの言葉でもあるのです。私たちは決して孤独では死にません。死においてさえ主は共におられます。十字架において罪の贖いを成し遂げられた方として共におられます。さらに私たちは死において共におられる主は葬られて後三日後によみがえられた御方であることを知らされているのです。それゆえ、もはや死は決して絶望を意味することはありません。(清弘剛生)            

ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。 ヨハネ19:38


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の