• 頌栄教会

「聖徒の交わりを信ず」(使徒信条20)

 私たちは、使徒信条を唱えます時、「聖徒の交わり」を信ずることを言い表します。実は、「聖徒の交わり」と訳されているラテン語は、「聖なるものの交わり」とも訳せる言葉でありまして、恐らく、どちらをも意味するように意図されているものと思われます。「聖なるものの交わり」と訳された場合、それは「聖なるもの」を共有し、分かち合うことを意味します。私たちは趣味やイデオロギーを共有するのではありません。聖餐においてキリストの体と血とにあずかり、キリストを共有するのです。そのようにして成り立つ交わり、それが教会における交わりです。キリストを共有することによる交わりでありますから、そこでは全く異なる者の交わりが成り立ちます。この世界において本来だったら対立しているはずの者たちの交わりも成り立つのです。実際、初代教会においては、異邦人とユダヤ人が、奴隷と主人が、同じ食卓についていたのです。それゆえにまたパウロは、「実に、キリストはわたしたちの平和であります」(エフェソ2:14)と語り、「そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません」(ガラテヤ3:28)と語っています。キリストによって隔ての壁が取り壊されているからです。世界の平和を求めることは大事なことです。しかし、私たちはまずキリストがわたしたちの交わりであり平和であることに目を向けねばなりません。神が与えてくださる小さな平和を味わうことのできない人は、本当の意味において大きな平和について考えることも求めることもできないからです。               (清弘剛生)

わたしたちが神を賛美する賛美の杯は、キリストの血にあずかることではないか。わたしたちが裂くパンは、キリストの体にあずかることではないか。 1コリント10:16

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

「終わりに備える生活(2)」(信仰生活入門30)

葬儀は誰のために行われるのでしょうか。 まず考えられるのは、葬儀は亡くなった方のため、またその御遺族のために行 うということでしょう。葬り方によって亡くなった人の運命が左右されるわけで はありません。死の向こうは神の領域ですから。亡くなった方を手厚く葬ること は純粋にその方に対する愛の表現です。また、葬儀は遺族のための慰めでもあり ます。慰めは人々の愛によっても与えられますが、最終的には福音の言葉

「終わりに備える生活(1)」(信仰生活入門29)

人生の終わりである「死」に向けてきちんと備えをすることができるためには、 自らの「死」と平安をもって向き合うことのできる確かな根拠が必要です。その ためには単なる「死は終わりではない」という言葉や、一般的な「霊魂不滅の思 想」は本質的に助けになりません。「死」と向き合うことは、自らの人生と向き 合うことでもあるからです。人生における罪責を負ったまま、死んでもなお永遠 に罪人として《不滅》であるとす

「悪魔に打ち勝つ生活(4)」(信仰生活入門28)

「神の武具」について、前回の続きです。 4「信仰の盾」 この「盾」とは体がすっぽりと入る大盾を意味します。「悪 い者(すなわち悪魔)」は様々な形で「火の矢」を放ってくることでしょう。時 にそれは「誘惑」であり、時には「艱難」であるかも知れません。私たちは悪魔 に対して「火の矢を放つな」とは言えません。火の矢が飛んでくる現実は避けら れません。しかし、その火の矢で火だるまになる必要もありません。火の